なにかに固定して撮影が定番のGoPro!三脚って必要?どう選ぶ?

マウントと呼ばれる固定道具で、なにかに固定して使うのが定番のGoProです。

でも自分を写したくなることって、ありますよね。

そんな時に活躍してくれるのが、三脚です。

でもこの三脚、GoProに本当にに必要なものでしょうか。

GoPro購入時に三脚も購入したほうがいい

GoProには様々なアクセサリーがつきものです。

特にマウントと呼ばれる固定具なしには、動きながらの撮影はできません。

バッテリーの消費も激しいので、予備のバッテリーや充電器、モバイルバッテリーも必須です。

もちろんmicroSDカードの予備も、これも常に余分に用意しておきたいですね。

これらのアクセサリーを購入する、持参する必要はどうしても出てきます。

お財布にはきついのが、ちょっと悲しいところです。

幸い持ち運び時には本体だけでなく、どれも軽いのがせめてもの慰めです。

そしてそれで素敵な映像が撮れるのですから、投資するだけの価値はありますね。

しかし三脚もとなると、ちょっと手が止まってしまう人もいるでしょう。

本当に必要なのか、使うことがあるのかと、疑問に思うこともあります。

しかしこの三脚、確かに用意しておくと撮影範囲も広がるものなのです。

三脚はどういった撮影に利用する

三脚がないと撮影が難しいというシーンはあります。

定点撮影の時

定点に置いて、ちょっと長時間の撮影の時など三脚があると非常に便利です。

マウントによっては壁とかに固定できるものもありますが、何もない場所での撮影には三脚にまさるものはありません。

特にタイムラプス撮影の時には、三脚が活躍してくれます。

自然の中での定点撮影には、三脚をおすすめしたいですね。

風景をしっかりと入れた自撮り

自撮り棒があれば自撮りは簡単にできます。

でも自撮り棒が画面に入るのが嫌、全身の撮影ができないなど、それなりの問題も出てきます。

そういった時にはやはり、三脚の利用が望ましいですね。

これを使えば自撮り棒が画面に映ることも無いですし、全身撮影も風景も全景撮影ができます。

集合写真を撮る時

グループでの旅行になると、集合写真の1枚は撮影することになります。

この場合三脚がない、台になるものがないとGoProで全員を写すことは難しいですね。

特に海外旅行の時など、誰かに撮ってもらう、GoProを預けることも安心してできない地域もあります。

三脚を使っての撮影がおすすめです。

三脚はどんな基準で選ぶ

GOPro用の三脚も、あれこれ出ています。

使い勝手のいい、持ち運びしやすいものを選びたいですね。

三脚のサイズや重さで選ぶ

一眼レフなど使って、撮影のために出かける人の場合、カメラや三脚の重さは二の次です。

とにかくきれいで満足できる写真や動画を取るのが目的です。

しかしGoProでの撮影の場合、目的がちょっと違ってきます。

なので三脚が必要だとしても、できるだけ軽くコンパクトなものが使いやすいということになります。

卓上型のミニ三脚なら持ち運びに問題もありません。

ちょっと下に台でもあれば、充分な高さを得ることも出来ます。

固定する部分の台で選ぶ

GoProを三脚に固定する台の部分、雲台と呼ばれる部分の形状です。

これはありがたいことにGoPro専用の雲台がありますので、これを搭載した三脚が使い勝手がいいですね。

ミニ三脚にはこの専用雲台と、自由雲台の2種類があります。

どうせなら専用の雲台、1way雲台の三脚を選ぶほうがおすすめです。

でもわざわざ三脚を持っていくのはという人におすすめGoPro純正マウントShorty

それでなくてもアクセサリーが沢山なのに、使うかどうかわからない三脚はやはりちょっと、と言う人におすすめなのがGoPro純正のShortyと言うミニ三脚です。

実はこれ、普通に見てみると単なるショートグリップなのです。

しかし足の部分を広げると、三脚に早変わりします。

ミニ三脚になるに加えて、4点で固定出来ますので安定感も抜群です。

自撮り棒としてももちろん使えるので、これを購入しておけば色々と活用できるのですね。

ショートグリップ程度の高さなら、本当にミニ三脚にしか使えないだろうと思うと、これがまた脚の部分が伸びてくれるのです。

中央の部分を伸ばすことで、20センチ程度の高さまで伸ばせます。

多少安定は悪くなりますが、特に近年発売のGoProは手ブレ補正も高性能ですので、ブレはそちらに任せましょう。

ただ突風などには対処できませんので、その点は注意して使用して下さい。

重量はわずか66グラム、グリップの時にはサイズ12センチ以下ですので、ポケットにも簡単に収まるサイズと重さです。

持ち運びにも問題がありません。

これならいきなり定点撮影や集合写真が必要になった時にも、簡単に対処ができますね。

まとめ

三脚というと何となく、一眼レフでの撮影のイメージがあるものです。

でもGoProでも、時に三脚の登場が望まれることもあります。

もちろん必須というわけでもありませんが、もしかしたらという場合には1つ用意しておくのもおすすめです。